« 楽しい金曜日 | トップページ | 嗚呼、大正浪漫 »

9月 29, 2004

BRIO11月号特集「ネクタイの賞味期限」

光文社の雑誌「BRIO」11月号の第2特集は「ネクタイの賞味期限」。電車の中吊りで見かけて気になったので早速買ってみました。

冒頭の言をみると「タイは体を表わす」とある。なるほど、確かにネクタイと言うのはその人の個性がよく出るアイテムであるが、同時にシーンにおいて使い分ける必要もある(オン・オフとか、冠婚葬祭とか)。ネクタイひとつで相手のイメージ操作だってできてしまうのだ(J・F・ケネディがTV討論会に赤のネクタイで臨み、視聴者に好印象を与えたとかなんとか)。
その辺も踏まえて、これからの流行、定番は・・・ということでページをめくると、「明日からのタイスタンダードを知る」である。ネクタイの素材や製法、結び方などはさまざまな雑誌で語りつくされた感があるが、ここでのポイントは「もう一度ノットの形を見直す」だそうで。そしてスタンダード中のスタンダードと言うことで、小紋、レジメン、ペイズリーの現在の傾向が書かれている。

普段は流行街道を全力で逆方向に疾走する当Blogではあるが、たまにはこうした基本、流行を抑えておくのもいいかもしれない。

|

« 楽しい金曜日 | トップページ | 嗚呼、大正浪漫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39094/1547467

この記事へのトラックバック一覧です: BRIO11月号特集「ネクタイの賞味期限」:

« 楽しい金曜日 | トップページ | 嗚呼、大正浪漫 »