« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

6月 20, 2005

ジッパーネクタイ

スーツ好きな女の子のブログをのぞいてみると、ジッパーネクタイの記事がアップされていた。
ジッパーネクタイ。・・・俺にとっては懐かしいアイテム。自分のサイト「たいこれくしょん」開設当初、ジッパーネクタイを取り扱っている方からサンプルとして何本かいただき、「一緒にビジネスしませんか?」と言われたものだった。
結局その時は「いや、俺ただのコレクターなもんで」とお断りしたのだが、エキサイトBitにも取り上げられる昨今、手を出しておけばよかったかなー、という気がしないでもない。ってゆーか、しない。

ショップサイトをのぞいてみると、品数豊富、値段も手ごろとあって、何本か持っているといいかもしれないなーと思った。カバンの中にしのばせておいて、クールビズで出勤、大事な取引先に行くときは3秒で装着・・・。うむ、これはなかなかいいかもしれん。

一部では「ジッパーネクタイは涼しい」という話しもあるようだが、どーだろ。結局襟元を締めるのであんまかわらんのではないだろうか?
やはりこのネクタイは着脱が簡単!という点に注目したいアイテムだ。

参考までに、「たいこれくしょん」での紹介記事はコチラ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

6月 19, 2005

クールビズのキラーアイテム!か!?

さてこのごろすっかり定着してきた感のあるクールビズ。
こう暑い日が続いては少しでも涼しくなりたい、というのが正直なところでしょう。
しかし、やっぱりネクタイ締めてお仕事しないといけないのよね~、とお嘆きの皆さんも多いはず。

そんな皆さんに朗報です!先日、地元・市川のダイエーで、クールビズにうってつけなアイテムをゲットしてまいりました。それがこちら。

t-tie

どうですか、「ネクタイ柄のTシャツ」!!
これならば襟元の圧迫感も無く、それでいてネクタイ着用、というまさに機能性とファッション性をうまく融合させた一石二鳥のこの一枚。クールビズにはこれで決まり!?


まぁ、問題は襟が無いから職場で着られない可能性大なことなんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月 15, 2005

愛・地球博ネクタイ

morizo
というわけで、愛・地球博のキャラクター、森憎と木殺、じゃないや、モリゾーとキッコロのネクタイです。
近鉄百貨店のインターネットショップで購入しました。3500円でした。
キャラタイは好きなので、あれば即買い、みたいな感じなんですが、悩むのがデザインと色。
ネイビーのネクタイは定番中の定番ですが、キャラタイだと何かキャラクターが浮いてる感じがするときがあるんですよねー。というわけで今回はシルバーにしてみました。なんか、ブラックスーツにも合いそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月 08, 2005

クールビズにネクタイ業界猛反発!

Yahoo!ニュースより。

<クールビズ>ネクタイ業界、キャッチフレーズに「待った」

 ネクタイ製造業者などでつくる日本ネクタイ組合連合会(小堀剛会長)は8日、政府が提唱する夏の軽装化(愛称クールビズ)運動で、ネクタイ業界が打撃を受けているとして、小泉内閣の閣僚全員に「ノーネクタイ、ノー上着」というキャッチフレーズの使用中止などを求める要望書を郵送した。  要望書は、小池百合子環境相が「男性がネクタイをはずせば、女性のひざ掛けがいらないオフィスになる」とコメントしたことについて「個別商品を排除している」と抗議。「ネクタイを締めなければ地球温暖化防止が達成されるかのような広報活動は再考されるべきだ」と訴えている。  特に父の日(今年は6月19日)に近いタイミングで「クールビズ」のキャンペーンが始まったことは「業界にとって死活問題」だと指摘。父の日はネクタイ業界が1966年に提唱して広まったイベントで、業界にとってかき入れ時だが、連合会は「年間約2000億円(推定)のネクタイ業界の売り上げを2~3割減らすのではないか」と予測している。  小堀会長は「クールビズに反対しているわけではないがノーネクタイばかりが目立つと、中小企業が多いネクタイ業界ではつぶれる会社が出てくる」と話している。【小原綾子】 (毎日新聞) - 6月8日20時20分更新

そっかー。俺、服飾業界にはクールビズって新しいビジネスチャンスだと思っていたけど、ネクタイ専門の中小企業なんかにとっては一大事なんだね。それにしても、父の日がネクタイ業界発祥だったとは、知らなかった。

ところで、最初にクールビズの話しを聞いたとき、「暑いからノー上着は分かるけど、何でノーネクタイじゃなきゃいけないの?」って思ってたんだけど、襟を開けてるか開けてないかで体温はけっこう変わるらしいですね。

まー、世の中には俺みたいなネクタイ好きの男もいるし、スーツフェチな女もいるし、服飾業界には頑張って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

6月 07, 2005

ニュー・デザイン・パラダイス再考

どうも、スーツフェチな女の子の知り合い、ネクタイ好きの兄さんです。
さて、クールビズ導入にあわせて、ノー上着、ノーネクタイ時のおしゃれについて、ネット上でもさまざまな議論がされている様子。そんなときふと、以前見た深夜番組「ニュー・デザイン・パラダイス」を思い出しました。
以前にココのエントリでも書きましたが、そのときは「あっそ」的な感じだけでした。
しかし、ノーネクタイが叫ばれる昨今、「首に巻かないネクタイ」というのもアリかもしれないなーと思ってます。
番組で紹介していたのは、ネクタイにワイヤーを入れ、自由に折り曲げてコサージュ風にアレンジすると言うもの。これならノーネクタイ時もそれなりに見栄えはするかも。どっかで商品化しないかな。

あーそうだ、いっそ頭に巻きますか、ネクタイ。
・・・朝から酔っ払いモードかよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

6月 05, 2005

あややあおやま

そーいや、「おあややおやにおあやまりなさい」と言う早口言葉があったな。それはさておき。

今日電車に乗ったら、社内広告が全部、「洋服の青山」だった。あややがCMやってるやつね。
帰ってからサイトをチェックしてみると、ちょうど今、キャンペーン中らしい。
ニュースリリース:夏の清涼スーツフェア
なんでも、定期券を青山に持って行くとクーポン券がもらえ、さらに買い物をするとオリジナルグッズがもらえるらしい。
あいにく俺は定期持って無いのだが、持っていなくてもアンケートに答えればオッケーらしいので、今度行ってみようかな?

それにしても、広告を見たんだが、清涼スーツってのもずいぶん種類があるんだねぇ。
・竹素材の「バンブール」
・ひんやり涼しい「アイスナビ」
・ジャスミンの香り「アロマスーツ」

クールビズ推進中といってもまだまだスーツ社会ですからね、少しでも涼しく夏を乗り切りたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

6月 03, 2005

クールビズ始動

さて、6月1日の衣替えにあわせ、省エネ運動の一環として、ノー上着、ノーネクタイのいわゆる「クールビズ」がスタートしました。
テレビ、ラジオ、新聞などを見ていると、かっこよく決めている人、なんだかなぁな人など様々。これからは欧米のように政治家も専属コーディネーターを付けるような時代になるのかもしれませんね(もういるのかも?)

んで、クールビズ始動にあたっての議員さんたちのコメントをいくつか紹介。

「賛成。ノーネクタイは社会的呪縛からの解放だ。」
・・・別にネクタイは呪いのアイテムじゃありませんから!首が絞まって苦しいのは分かりますが。
「涼しいときにはどうすればいいんだ。」
何を言ってるんですかこの人は。涼しかったら上着着ればいいじゃないですか!
「夏はノー上着にすると言うのなら、冬はセーターを着ろというのか。」
いや、セーターは着なくていいでしょ。かっこよく3ピースでビシッと決めてくださいよ!
「服飾業界、ネクタイ業界から反発の声もある。」
・・・なるほどー。確かにそうかも。でもここはいっちょ、メーカーの皆さんには頑張ってもらって、クールビズに合う服を作っていただきたいですねー。

というわけで、今後もクールビズには要注目ですね。定着するか、廃れるか。どうだろ?

俺はネクタイ大好きっ子だから、ノー上着はあってもノータイはないだろうなー。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »