« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

10月 22, 2006

スーパージャンプ

電車内の広告で、「バーテンダー・アニメ化」と言うのを発見。バーテンダー、そして酒にまつわるコミックと言うことで、ちょっと興味があり、掲載誌であるスーパージャンプを買ってみた。

そしたらまぁ、「王様の仕立て屋」、「きららの仕事」、「暁!!男塾」、「バンパイア」などなど、俺が単行本で追いかけている漫画がけっこう載っていた。今度から毎回チェックすることにしよう。

んで、読んだついでに「王様の仕立て屋」から、スーツに関するコネタを紹介。
スーツのゴージライン(上襟と下襟の縫い合わせ線)の位置で人に与える印象が変わってくるのだとか。
例えば、ゴージラインが高いと視点が顔寄りになり、顔が目立つ。低いと視点が下がり、印象がやわらかくなる、と言った感じ。
ちなみに、上襟のことをカラー、下襟のことをラペルと呼びます。

やー、「王様の仕立て屋」、いいネタになるなー。
・・・ハッ、イエッ、パクるなんて気はさらさらありませんから・・・。

王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 1 (1)
王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 1 (1)大河原 遁

おすすめ平均
stars頭の中でついついキャスティングしてしまいます。
stars仕立屋ってのは、王様でも手玉にとれるんだぜ
stars職人の職人による職人のためのまんが
starsこの気分を女の香水で濁したくない
stars面白くて結構ためになるんじゃない?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (4)

10月 17, 2006

ウォームビズの新商品!?

朝、ラジオのニュースでウォームビズ関連の新商品を取り上げていたので、急いでGoogleでニュースをチェック。
そうするとこんなのを発見した。

日本興亜損保、ウォームビズ対応商品販売企業向け天候デリバティブ商品を発売

正直、デリバティブと言われてもあまりピンとこないのですが、要するに

環境に考慮したウォームビズ製品(保温下着とか?)を売り出す

暖冬でさっぱり売れない

補償金を払いますよ

ということなのかな?
ちなみに「暖冬」とは、事前に「この温度以上だったら暖冬ね」というのをあらかじめ決めておくのだそうです。そのあたりの決め事によっても支払うお金、支払われるお金は変わってくるんでしょうね。
俺、経済とか金融とかには疎いけど、こういう季節モノを取り扱っている企業向けにリスク補償をする商品ていろいろあるんでしょうね。

日本興亜損保ホームページ
ニュースリリース

ブログランキングranQ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

10月 12, 2006

絶対領域

「絶対領域」って知ってますか?
女の子がオーバーニーソックス+ミニスカートという格好をしたときに隙間からチラリとのぞく太もものことを指すそうです。まさにチラリズム。思わず「萌え~」とか「(*′Д`)ハアハア」とか言いたくなるのも分かる気がします。

さて、それではスーツ姿の男性が座ったときに靴下とズボンの隙間からチラリとのぞく、毛がボーボーな脛(すね)のことをなんと呼ぶでしょう?
「絶対見たくない領域」?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 06, 2006

ネットで見るファッション雑誌

ビジネスマン向けのファッション雑誌と言うと、GainerMen's EXMen's CLUBなどが思い浮かびます。もうちょっと年齢層が上がると、LEONUOMOあたりもありますね。情報誌になるかも知れませんが、モノマガジンBeginなんかもファッションの記事が多いです。

ところで、オンラインで読める雑誌、と言うものをご存知でしょうか。
無料で読める!本格デジタルマガジン dima
ここは、専用ビューアを使って読むデジタルマガジンを公開しているサイト。
ここで「DUCA」と言うメンズファッション誌のVol.0、創刊準備号が現在公開中です。

「DUCA」とは、イタリア語で「公爵」を意味し、古い言葉では「導き手」や「師」といった意味で使われていたとのこと。それにしても、DUCAとか、UOMOとか、よくこんな単語見つけてくるなー、って感心しますね。
雑誌のコピーは、「ストラヴァガンテな大人へ。」
また出ました、謎のキーワード「ストラヴァガンテ」。何語なんでしょうか?ネットで検索してみたところ、こんな説明がありました。

時空を超えて旅をすることを、ストラヴァガント、その旅人をストラヴァガンテという。

伝統も流行も、なんでもいいものはチェックしてみよう、と言う感じでしょうか。
11/10に創刊号が出るとのことなので、楽しみです。

dimaには、DUCAのほかにも、
・季節感のある日本のライフスタイル誌「man-yo」
・エイジレスな元気オヤジ向けの「ginger」
・女性向けヘルシーライフスタイル誌「Aura」
などがあります。個人的には「東京心酔酒場」って言うのがとても気になるところです。

ストラヴァガンザ―星の都
4092903723メアリ ホフマン Mary Hoffman 乾 侑美子

小学館 2005-07
売り上げランキング : 76119

おすすめ平均star
star核心は恋物語
starイタリアのシエナに行ってみたくなる~
starシリーズ第2作[花の都]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (2)

10月 02, 2006

スーツでリサイクル

昨日、NHKのテレビを見ていたら、大手百貨店でスーツのリサイクル回収をしている、と言うニュースをやっていました。
早速ググってみると、こちらのページを発見。

メンズスーツリサイクル - タカシマヤ

不要になったスーツ、ジャケット、スラックス(紳士物のみ、他店購入物も可)を回収し、自動車の断熱材などに再利用するそうです。
確かに着なくなったスーツの処分って困るんですよね。もともと自分の体形に合ったスーツを選んでいるから、簡単に人にあげるわけにもいかず、かといってゴミとして捨てるのも忍びない。そういった意味ではこのスーツリサイクル、環境保全の点も含め、なかなか良いサービスなのではないでしょうか。

と思ったら、サイトを見ると日本橋店、新宿店、高崎店ではもう回収の受付を終了しちゃってますね。
横浜店、玉川店、港南台店ではまだ受け付けているようなので、お近くの方はどうぞ。
どうせなら今後も継続して欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »